スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


【The Best Of 2015】The Best Tracks Of 2015 (30→01)



いよいよPSHANDYプレゼンツ、2015年ベスト・トラック30選の発表です。今年リリースされた楽曲の中から選りすぐりの30曲をランキング形式で発表します。


30. Katie Dey / “Unkillable



たった1分強で駆け抜ける異形のベッドルーム・エモ。衝撃。





29. Sicko Mobb / “Penny Hardaway


メジャーも認めた天性のポップセンス。ヒップホップ好きはもとより、ポップス好きにも聴かれるべき1曲。





28. Titus Andronicus / “Dimed Out


タイタス印の男泣きパンクは不変。ただひたすら滾る。





27. U.S. Girls / “Woman's Work


4ADイズムを見事に継承した、まるで悪夢のようなポップミュージック。そのドロドロした音世界に溺れる。





26. Major Lazor / “Lean On” (feat. MØ & DJ Snake)


今年もっともSpotifyで再生された(その数なんと5億!)正真正銘の2015年ベストソング。そして戦うシンガーMØはさらなる高みへ。





25. Sufjan Stevens / “Should Have Known Better


孤高の天才が辿り着いた唄の境地。





24. CHVRCHES / “Make Them Gold


正規音源化される前から既に今年のベスト・トラックに決めていた。底抜けにキャッチーなシンセポップ+ローレンのコケティッシュな歌声=無敵。





23. Justin Bieber / “What Do You Mean?


今日から貴方もビリーバーだ。





22. Alessia Cara / “Here


テイラーとアデルの隙間を埋める弱冠18歳の新鋭による今年屈指のネガティヴ・ソング。その痛烈すぎるリリックがグサッと心に刺さる。





21. Waxahatchee / “Air


天にも昇るようなコーラスワークと地に足付いた演奏の見事なバランス感。聴いていると心がすっと軽くなる。





20. Laura Marling / “Gurdjieff's Daughter”


颯爽と走るローラ・マーリング。惚れ惚れするほど美しい。





19. Le1f / “Koi


以前から「Sophieのトラックにフロウを乗せたら最高だろうな…」と思っていたけれど、遂にそれが最良の形で体現。死ぬほどカッコいい。





18. Priest / “Strong Hearts


どこか懐かしいガールズ・シンセポップ(個人的には吉川ひなのの“ホットミルク”を思い出したり)。CHVRCHESやLa Rouxとは違って65点ぐらいの完成度が逆に愛せる。





17. Eskimeaux / “Broken Necks


現行NYシーンの空気をそのままパッケージングしたDIYガールズ・ポップ。本人出演のゆるーいMVと併せてどうぞ。





16. Joanna Newsom / “Sapokanikan


ジャズとポップスの狭間で鳴る極上の音楽。中盤から徐々に高まっていくジョアンナの唄はまさに鳥肌もの。





15. Jamie xx / “I Know There's Gonna Be (Good Times)” [feat. Young Thug & Popcaan]


The Persuasionsのアカペラをそのまま拝借したバウンシーなヒップホップ。ヤンサグとポップコーンの掛け合いもナイス。





14. Grimes / “REALiTi


彼女本来の魅力を取り戻した、これぞまさにグライムス流ポップ。個人的には独特の雰囲気を纏ったデモ・バージョンよりも、気合いが入りまくった再録バージョンの方が好き。





13. 安室奈美恵 / “B Who I Want 2 B” (feat. U hum sneak it)


安室奈美恵×Sophie×初音ミクというコラボレーションが実現してしまうのが2015年。





12. Waxahatchee / “Under a Rock


ポップかつストレートなギターサウンドは、まさに前身バンドP.S. Eliotのそれで、思わず涙。もちろんケイティのひたむきな歌心にはファンならずとも魅了されること必至。





11. Hop Along / “Waitress


この、歌声。





10. Clarence Clarity / “Meadow Hopping, Traffic Stopping, Death Splash


ロックもR&Bもエクスペリメンタルも全て貪欲に吸収して3分ポップに昇華。まさに天才の所業。





09. Yumi Zouma / “Song for Zoe & Gwen


自己ベストを軽々と更新。要するに最高傑作。3分12秒目からのシンセ・ソロが永遠に続いてほしい。





08. All Dogs / “That Kind of Girl


ド直球ガールズ・インディーロック。一生愛せる。





07. Postiljonen / “Wait


まるでMewがDestroyerの“Kaputt”を演奏しているかのようなスターゲイズ・ポップ。その美しすぎるサウンドスケープに魂が震えた。





06. Wilhelm / “Katie


愛、希望、自由、夢、幸福、そのすべて。つまり「音楽」





05. Grimes / “Fresh without Blood


彼女自身の持ち味を残しつつも、メインストリームのど真ん中に着地しているのは驚異的。控えめに言っても大名曲だと思う。





04. LIZ / “When I Rule The World


聴けば誰もが心躍る大文字のポップミュージック。「プリンップリンッ」でイキそうになったのは私だけではないはず。





03. Laura Stevenson / “Torch Song


完全に一聴惚れ。この心のトキメキはWaxahatcheeに出会った時以来かもしれない。





02. Adventures / “Heavenly


結局は誠実なガールズ・ロックこそ至高ということを再確認させてくれる完全無欠のメロディック・ナンバー。大好きだ。





01. The World Is A Beautiful Place & I Am No Longer Afraid To Die / “January 10th, 2014


まるでドラマのような音楽。ただただ興奮し、そして泣いた。2015年ベスト・トラック


スポンサーサイト



Viet Cong
Viet Cong (JUGEMレビュー »)
Viet Cong
元Womenのメンバーを中心に結成された4人組=Viet Congのデビューアルバムは、ポップとアングラの絶妙なバランス感が病みつきになるインダストリアル・パンク作品!


テンプレート提供元
無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Admin.