スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


【Album Review】2015年を代表するエモ純度100%のマスターピース


Hop Along / Painted Shut


9.1 / 10 [Saddle Creek ; 2015/5]



ここ最近はとにかく「エモ」がアツい―――とは言っても、それはThe Get Up KidsやJimmy Eat Worldのようなスタイルとしてのエモではなく、「エモーショナルな音楽」というもっと本質的なものとしてのエモだ。例えば昨年リリースされたSiaのニュー・アルバム『1000 Forms Of Fear』はその象徴ともいえる一枚で、これまでの苦悩を赤裸々に綴った歌詞と彼女の張り裂けんばかりの歌声に涙した人はきっと少なくないと思う。その他にも感情剥き出しのガレージ・サウンドを鳴らしたCymbals Eat Guitarsの『Loses』や、昨年のベスト・アルバム・レースを総なめにしたThe War On Drugsの『Lost In The Dream』、さらには場末のバーでオヤジが80’sポップを熱唱しているかのようなFuture Islandsの『Singles』など、ここ数年で生まれたエモい名盤は枚挙に暇がない。そういった人間味溢れる演奏や歌への回帰は、昨今のEDMへのカウンターなのかは定かではないが、今年に入ってからもその勢いはとどまるところを知らず、今に至っている。

この米フィラデルフィアを拠点に活動する4ピースバンドHop Alongの新作は、そんなエモ・ムーブメントの一つの到達点と言っていいかもしれない。中でもバンドの中心人物である紅一点ボーカリストFrances Quinlanのハスキーな歌声は、昨年のSiaにも比肩するほどのパワーに満ちており、聴き手の胸をギュッと締め付ける。また、サウンドプロダクションの良さも気になる今作だが、プロデュースとミックスを手掛けたのはなんとDinosaur Jr.やSonic Youthの作品でも知られる名匠、John Agnello。各楽器がきっちり棲み分けされたクリアなサウンドは、Francesの歌と楽曲そのものの良さをより一層引き立てている。そういえば、パワフルな歌声と上質なサウンドプロダクション、といえば今年はAlabama Shakesの新作『Sound & Color』の一人勝ち感も否めないが、今作はそれにも全く引けを取っていない。まさにサウンドやソングライティングに拘りながら誠実な歌心をストレートに爆発させた大傑作だ。

余談だが、あのWaxahatcheeことKatie Crutchfieldの左腕には、元々はFrancesのソロ・プロジェクトだったHop Alongの処女作『Freshman Year』のアートワークのタトゥーが入っている(参考画像)。本人曰く、大学時代にこのアルバムを初めて聴き、Francesの歌に大きな衝撃を受けたそうで、そんな彼女へのリスペクトの意を込めて彫ったのだろう。無論、その衝撃は、今のWaxahatcheeの礎になっている。エモーショナルな音楽はこの世から絶対になくならない。そしてこれからも、だ。


スポンサーサイト



Viet Cong
Viet Cong (JUGEMレビュー »)
Viet Cong
元Womenのメンバーを中心に結成された4人組=Viet Congのデビューアルバムは、ポップとアングラの絶妙なバランス感が病みつきになるインダストリアル・パンク作品!


テンプレート提供元
無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Admin.