スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


【Listen】Dylan Starkのデビュー作『Heartland』に息づくチルウェイブの魂



つい先日、某レコードショップでアートワークに惹かれて試聴してみたら一発で虜になったのが、この米ポートランド出身のプロデューサーDylan Starkのデビューアルバム『Heartland』だ。こういった店頭での予期せぬ出会いこそ音楽の魅力の一つだと再確認させられたわけだが、それはさておき、まずは今作の収録曲“Shelter”を聴いてみて欲しい。そこに広がるのはカラフルでメロディアスでユーフォリックでドリーミーな音世界。「チルウェイブ」はまだここに生きている。アルバムの全曲試聴はこちらから。


【Listen】天才ここに在り!Nils FrahmがJohn Cageの代表曲“4'33"”をカバー



今年3月にリリースされたフリー・アルバム『Solo』も素晴らしかったドイツ出身のピアニストNils Frahmが、言わずと知れたJohn Cageの代表曲“4'33"”のカバー映像を公開した。一瞬「えっ!??」と思ったが、いざ蓋を開けてみればこれが美しいメロディが響く好カバーに。どうやら天才には無音ではなくこのような音が聞こえているようだ。なお、こちらのカバーは本日リリースされる人気コンピレーション・シリーズ『Late Night Tales』の最新作に収録される。


【Listen】アメアパの広告でおなじみ!Kacy Hillが新曲“Foreign Fields”を公開



米ロサンゼルスを拠点に活動するフィメール・シンガーKacy Hillは、Kanye Westが主宰するレーベル〈G.O.O.D. Music〉に所属する今年大注目のニューカマー…と言うよりも、少し前までアメリカン・アパレルの広告でスケスケな下着姿を披露していた女性モデルと言った方がピンと来る方も多いかもしれない。そんな彼女が昨年のデビューシングル“Experience”以来となるニューシングル“Foreign Fields”を公開した。こちらの楽曲はシンプルなピアノと妖艶な歌声を基調としながらも、そこに図太いベースがくり返し挟まれるフューチャリスティックなR&Bナンバー。この手のサウンドは最近ならFKA twigsKelelaに相通ずるもので、そういう意味で言えば彼女の今後のブレイクは確実だろう。当ブログは引き続きその動向に注目していきたいと思う。


【Listen】ハープを抱いた歌姫、Joanna Newsomがついに帰還!



ハープを抱いた歌姫ことJoanna Newsomが、ニュー・アルバム『Divers』を10月23日にリリースすることを発表した。2010年の『Have One on Me』以来となる今作には、エンジニアにSteve AlbiniNoah Georgeson、アレンジャーにNico MuhlyRyan Francesconi、さらにはDirty ProjectorsのDave Longstrethが招集されている模様。そして今回の発表に伴い公開された新曲“Sapokanikan”を聴く限り、来たるニュー・アルバムは2004年に発表された処女作『The Milk-Eyed Mender』をより洗練させたような小気味良い作品に仕上がっているのでは?と勝手な期待と想像が膨らむばかりだ。というわけで、世界的な映画監督Paul Thomas Andersonがディレクターを務めた“Sapokanikan”のミュージック・ビデオに魅了されつつ、10月を楽しみに待ちたい。


【Listen】この夏はSicko Mobbのミックステープを聴いて #最高の夏 にしよう!



Future Brownのデビューアルバムにゲスト参加していたことも記憶に新しい米シカゴの気鋭ヒップホップ・デュオ、Sicko Mobb。その彼らが今年4月にリリースしたミックステープ『Super Saiyan Vol.2』は、某人気漫画から拝借したであろうタイトルやジャケットそのままに、キャッチーなシンセ・サウンドとオートチューンを駆使した爽やかなフロウが炸裂する極めてポップな作品に仕上がっている。全編聞き所満載だが、特に素晴らしいのが、ロマンチックすぎるメロディーが涙を誘う“Kool Aid”と、彼らの天才的なポップセンスが遺憾なく発揮された“Penny Hardaway”。ヒップホップ・ファンはもちろん、普段あまりヒップホップを聴かないという方もこの夏マストな一枚だと思う。ダウンロードはこちらから。


【Listen】The Joy Formidableが「ツイン・ピークス」のテーマソングのカバーを公開



英ウェールズ出身の3ピースバンドThe Joy Formidableが、1990年代に一世を風靡したDavid LynchによるTVドラマシリーズ「ツイン・ピークス」のテーマソングのカバー音源を公開した。これがわりと原曲に忠実で、浮遊感漂うサウンドスケープと紅一点ボーカリストRitzy Bryanの美しいコーラスが聴く者を異世界へと誘うドリーミーなナンバーになっている。なお、バンドによると2013年の傑作2ndアルバム『Wolf's Low』以来となるニューアルバムは「ほぼ完成している」ということなので、続報を楽しみに待ちたい。


それにしても、同ドラマが今の音楽シーンに与えた影響は計り知れない。というわけで、以下にそんな「ツイン・ピークスから大きな影響を受けたテン年代の音楽」を簡単にまとめてみた。是非ともその独特の世界観を堪能してみて欲しい。

続きを読む >>

【Listen】生粋のオルタナっ子は聴き逃し厳禁!Dilly Dallyが新曲“Desire”を公開



Tokyo Police ClubのフロントマンDavid Monksの妹であるKatie Monks率いるカナダ発の4人組バンド、Dilly Dallyが新曲“Desire”を公開した。昨年リリースされたシングル“Next Gold”はカラッとしたギターサウンドと耳馴染みの良いメロディーが印象的なロック・ナンバーだったが、こちらの楽曲は打って変わって歪まくったギターサウンドとKatieの気怠い歌声が見事にマッチしたグランジ・ナンバー。まさにこの手の音にオーガズムを感じてしまう生粋のオルタナっ子は必聴と言えそうだ。なお、待望のデビューフルアルバム『Sore』は10月9日に米〈Partisan〉からリリースされる。


【Listen】All Dogsがデビューアルバム『Kicking Every Day』をリリース!



以前こちらのブログでも紹介したYowlerことMaryn Jones率いる4ピース・バンドAll Dogsが、デビューアルバム『Kicking Every Day』を8月29日にリリースすることを発表した。今作のプロデュースを手掛けたのはSwearin'のギタリストであり、WaxahatcheeGirlpoolとの仕事でも知られる「フィラデルフィアのDIYマスター」ことKyle Gilbride。つい先日公開された新曲“That Kind of Girl”は、ド直球なギターサウンドとMarynのエモーショナルな歌声が炸裂するキャッチーなロック・ナンバーで、アルバムへの期待も膨らむばかり。今年の夏はこの一枚で決まりだ!


【Listen】名優Jeff Bridgesが贈る極上のおやすみレコード



「最近疲れがたまっているのになかなか寝付けない...」という方にオススメしたいのが、映画『トロン』シリーズや『ビッグ・リボウスキ』などで知られる名優、Jeff Bridgesのニュー・アルバム『Sleeping Tapes』だ。今作はその名の通り「安眠」をテーマに制作されたコンセプト・アルバムで、走馬灯のように浮かんでは消えていく幻想的なサウンドスケープとJeffの味わい深いポエトリーリーディングが、聴き手を心地よい眠りへと誘ってくれる。ちなみに、今作はチャリティー・アルバムとしてアナログとカセットテープでリリースされているが、データ音源は以下のウィジェットからフリーDLが可能。お疲れの方はもちろん、「梅雨のじめじめした空気で寝苦しい...」という方にも是非チェックして頂きたい一枚だ。


【Listen】異形のドリームポップを奏でる豪メルボルンの女性SSW、Katie Deyに注目



オーストラリアはメルボルン出身の女性シンガーソングライターKatie Deyがつい先日リリースしたデビューアルバム『asdfasdf』は、とにかく「衝撃的」という言葉が似合う一枚だ。宅録感満載のフォークトロニカ・サウンド、歪みまくったボーカリゼーション、そしてスッと耳に入ってくる珠玉のメロディが描き出す摩訶不思議な音像は、例えば「Alex GMúmがジャムセッションしているかのような異形のドリームポップ」と形容してもいいかもしれない。特に激エモーショナルな疾走フォーク・ナンバーM3(これがまたアルバムの中では異色すぎる名曲!)から夢見心地なスロウ・チューンM6までの流れはただただ絶品の一言。リリース元は以前こちらのブログでも紹介した米ニューヨークのDIYレーベル〈Orchid Tapes〉で、なるほど、収まるべきところに収まったなという印象。なお、こちらの作品はレーベルの公式Bandcampから投げ銭(0円〜)でDLできるので、この記事を読んだ方は迷わずDLしてほしい。衝撃度だけで言えば紛れもなく今年一だ。






| 1/10PAGES | >>
Viet Cong
Viet Cong (JUGEMレビュー »)
Viet Cong
元Womenのメンバーを中心に結成された4人組=Viet Congのデビューアルバムは、ポップとアングラの絶妙なバランス感が病みつきになるインダストリアル・パンク作品!


テンプレート提供元
無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Admin.