ご意見やご感想はブログのTwitterアカウントまでお願いします。

【PSHANDY Mix】N°5



PSHANDY Mix N°5を作りました。

今回のテーマは「今もっともアツい音」ということで、最先端のポップスやベース・ミュージックを中心にセレクトしました。ミックス音源はフリー・ダウンロードも可能なので、通勤や通学のお供にどうぞ。以下、トラックリストです。

00. Title - Artist
01. Playground - Lxury
02. Everything But - The Range
03. Raptor - Rustie
04. Close Your Eyes (And Count To Fuck) (feat. Zack De La Rocha) - Run The Jewels
05. Go (feat. Blood Diamonds) - Grimes
06. (H)ours - Juce
07. I Can't Figure You Out - Hugh
08. Aquarius (Luna Remix) - Danny L Harle
09. Beautiful - A. G. Cook
10. Extended Mix - Doss
11. Hey QT - QT
12. Invader Invader - Kyary Pamyu Pamyu
13. Won't K (Sophie Remix) - Paris Suit Yorself
14. Money - Lido
15. Boom Clap - Charli XCX


【Outtakes】ブログで紹介できなかった今週の10曲(〜10/26)



このOuttakesは、惜しくもブログで紹介できなかったトラック10曲を、毎週ランキング形式でお届けするコーナー。是非ともお気に入りの一曲を見つけてみて欲しい。

続きを読む >>

【Listen】米NYの新鋭女性SSW、VÉRITÉがデビューEP『Echo』をフリーDLで公開



アメリカはニューヨークを拠点に活動する女性シンガーソングライター、VÉRITÉがデビューEP『Echo』をフリー・ダウンロードで公開した。彼女は2015年の活躍が最も期待されるニューカマーの一人で、インディーロックとエレクトロポップを融合した多彩なサウンドと、Lana Del Reyにも通ずる艶やかなボーカルが魅力。ダウンロードはこちらから。


【Listen】奇才Clarence Clarityが新曲“Those Who Can't, Cheat”を公開



元Elle MilanoのフロントマンAdam M CrispによるニュープロジェクトClarence Clarityが新曲"Those Who Can't, Cheat"を公開した。昨年リリースされたデビューEP『The Save †hyself』は多くのリスナーに衝撃を与えた怪作だったが、こちらの新曲も相変わらず歪みまくっていてヤバい。彼の創造性と変態性はまさに無限大だ。なお、本楽曲が収録されたニューEP『WHO AM EYE』は12月1日にBella Unionからリリースされる。


【Outtakes】ブログで紹介できなかった今週の10曲(〜10/19)



このOuttakesは、惜しくもブログで紹介できなかったトラック10曲を、毎週ランキング形式でお届けするコーナー。是非ともお気に入りの一曲を見つけてみて欲しい。

続きを読む >>

【Listen】ヒップホップはかっこいい



El-PKiller Mikeによるヒップホップ・デュオ、Run the Jewelsが新曲“Close Your Eyes (And Count to Fuck)”を公開した。「ヒップホップはかっこいい」という当たり前の事実を再確認させてくれるハイエナジーなナンバーになっている。客演はRage Against The MachineのボーカリストZack De La Rocha。もう一度言おう。めちゃくちゃかっこいい。


【Recommend】Jenny Hval & Susanna - Meshes of Voice



共にノルウェー出身の女性シンガーソングライターであるJenny HvalSusannaによるコラボレーション・アルバム。荘厳なピアノの調べ、艶やかなコーラス、不穏なノイズが描き出す美しくも不気味なサウンドスケープは、普段聴きなれたポップスとはまた違った抗いがたい魅力に溢れている。深まりゆく秋の夜長のお供にどうぞ。


【Outtakes】ブログで紹介できなかった今週の10曲(〜10/12)



このOuttakesは、惜しくもブログで紹介できなかったトラック10曲を、毎週ランキング形式でお届けするコーナー。是非ともお気に入りの一曲を見つけてみて欲しい。

続きを読む >>

【Listen】10年代インディー・シーンの寵児、Yumi Zoumaが新曲“Alena”を公開



今年リリースされた傑作デビューEP『Yumi Zouma』のロマンティシズムはそのままに、ほのかにダンスフロアに接近。完璧だ。


【Article】物語はベッドルームから始まる―米DIYレーベル<Orchid Tapes>に注目



ここ数年で最もホットな音楽レーベル、といえば米ブルックリンの<Sacred Bones>や英ロンドンの<PC Music>を真っ先に思い浮かべるが、最近それらに匹敵するほどジワジワと熱を帯び始めているのが、米ブルックリンを拠点に活動するDIYレーベル<Orchid Tapes>だ。

このレーベルは、カナダはトロント出身のシンガーソングライターFoxes In FictionことWarren Hildebradによって2010年に設立。ドリーミーでオーガニックなベッドルームポップ・サウンドを奏でるアーティストが多数所属し、これまでに50近い作品を世に送り出している。中でも今年3月にリリースされたコンピレーション・アルバム『Boring Ecstasy: The Bedroom Pop of Orchid Tapes』は、同レーベルのカラーが見事に反映されたポップソング集でマスト。



ちなみに、レーベルの公式Bandcampページでは、これまでにリリースされたほぼ全ての作品がフリーもしくはName Your Price(投げ銭)でダウンロード可能なので、先ほどのレーベルコンピを手に入れた方はそれをカタログ代わりに色々掘ってみるのもいいかもしれない。個人的には、Arcade Fireのストリングス・アレンジャーとしても知られるシンガーソングライターOwen Pallettが参加したFoxes In Fictionの最新作『Ontario Gothic』や、随所に和のテイストが散りばめられた米ブルックリンのデュオThe Bilinda Butchersのデビューアルバム『Heaven』がオススメ。この2作に共通するメランコリックなムードは、少し肌寒くなってきた今の季節にピッタリだと思う。





最後に、このレーベル名はどうやらDeerhunterの楽曲“Tape His Orchid”から取られたものらしいが、Orchid(蘭)の花言葉をネットで調べてみると、そこにはこう記されていた。「蘭:美人、優雅な女性」――このレーベルは今もなお世界中の音楽ファンたちを虜にし続けている。


| 1/22PAGES | >>
Deep Fantasy
Deep Fantasy (JUGEMレビュー »)
White Lung
「ロック」はまだ死んでいない。カナダのパンク・バンド=White Lungの最新作は、圧倒的な熱量で聴くもの全てをねじ伏せる究極のロック・アルバムだ。

May
May (JUGEMレビュー »)
Broken Twin
デンマークはコペンハーゲン出身の才女、Broken Twinのデビューフルアルバム。ここには所謂「エモ」ではない、本当にエモーショナルな音楽が詰まっている。傑作だ。


テンプレート提供元
無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2014 無料ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Admin.